top of page
検索
  • skoaraiharon25

【思い出小話】昼寝すらできないことがどれだけ辛いことか、妊娠後期に不眠になり倒れました



産後うつで入院し、

回復に至るまでの経緯が

誰かの参考になればと思い

記すことにしました。


気になる方だけ

スクロールして続きを

お読みいただければと思います🙇‍♀️


※あくまでも個人の体験談です。

※10人いれば10通りの

妊娠・出産がありますので

この話が正解不正解などはありません。


☆-----


前回の投稿で

風邪を引いた時の

お話をしましたが


風邪が落ち着いてきた頃から

なぜか昼寝すら

出来なくなっていました


目を瞑っていても

頭の中が常に騒がしく


仰向けになると

お腹が苦しくて

動悸がするし


横になっても

脈が大きくなっていき

自分の心臓の音が

うるさく感じるし


座布団や掛け布団を積み上げて

めちゃくちゃ角度を作って

斜めに横になってみても


だんだん身体が痛くなって

結局別の態勢になるの繰り返し


もうとにかく落ち着かない‼️


真夜中にSNS漁って

同じ思いしてる人と

繋がってみようかな


と思った時もありましたが


夜中にブルーライトの光浴びるとか

ますます体内リズムが狂う❕💥

と変に自棄にやって

結局夜の時間は誰にも頼らず


真夜中リビングを1人うろうろ💦


友達に連絡しようにも

実はまだこの頃

妊娠していたことすら

ごく一部の人にしか

報告していませんでした


というのも

過去に稽留流産を経験していて

(この妊娠初期の流産の確率は

10~15%とのこと)


また流産してしまったらと

産まれてくるまで怖くて不安で

あまり報告する気に

ならなかったのです


夫は単身赴任で不在


実母と実父は

日中は仕事をしてるし

体力の限界もあり

夜中に起こす訳にもいかない


眠れず起きてるのに

話し相手すらいない

孤独な時間


そんな時間含め

不眠状態を3~4日過ごしていたら…


その日の朝は

夫もこちらに帰ってきていて


朝食を食べようと

リビングのテーブルへ

向かうところでした


朝食を目の前に

突然目の前が暗くなり


気づいたら真横に

ドスンっ❕と倒れていました


その後トイレで

少量の出血を確認し


急いで病院へ


幸いにも

母子ともに異常はなく

落ち着いてから帰るよう

医師に言われたのですが


…。


本当は次の話まで

書く予定だったのですが

あまりに長くなりすぎたので

次回に続きます🙇‍♀️


妊娠後期に

眠れなくなることは

珍しくないようですが


どんな状態であれ

一睡もできない日が続くと

頭がおかしくなり

冷静でいられなくなります


私もこの後

医師に向かって沢山

泣き叫んでいました


特に真夜中の時間

誰かと話せるツールを

作っておくのは

1つの予防策かもしれません


メールでもいいし

電話でもいい


公共の何かでもいい


SNSで真夜中に検索かけると

起きてるママさん


そして

同じように辛い思いを

SNSでつぶやいてるママさん

意外といるんですよね


個人的には

妊娠期から

育児がある程度落ち着くまで


SNSはあまりオススメしません


「1人じゃない」

「これを見て救われた」


など

メリットもありますが


誤った情報を鵜呑みにしたり

見なくていい情報を見て

安定していた心が

揺さぶられるなど


余計な情報が入ってくるのも

SNSの特徴です

(自分の体験も踏まえて)


このご時世

コロナ禍でますます

ネットが頼りになってきてますが


使い方を見直すきっかけにも

なってくれたらなと思います


-----☆

閲覧数:2回0件のコメント
記事: Blog2 Post
bottom of page